〜花粉のこの季節〜

こんにちは。院長の萩森です。

3月に入ってお日様が気持ち良く、過ごしやすい気候の日が少しずつ増えてきました。

晴れた日に活動的に外出したり、お布団や洗濯物をすっきり外干したいものです。

しかし、我が家には花粉症持ちがたくさんいます。

先日も何時間も待って、耳鼻科を受診してきました。

飲み薬、鼻スプレー、目薬…朝から大変です(>_<)

それでも防ぎきれない花粉に負けて、子供達は目がパンパンになってしまいます。

鼻も詰まって苦しそうです…

 

今日は花粉症などで苦しくなった鼻症状を、少しでも緩和させたい皆さんへおススメの簡単なツボを2つ紹介いたします。

飲み薬を飲むと眠たくなってしまう…

薬は出来るだけ飲みたくない…

あらゆる手立ては施したのに、まだしんどい…など

どのようなタイプの方にも使っていただけます☆

 

・迎香(げいこう)

小鼻の真横にあるツボです。ほうれい線の始まりの場所です。

・鼻通(びつう)

その名の通り、鼻づまりでよく使うツボです。迎香より親指1つ分くらい上で、押すと圧痛のある場所です。

 

つまようじの尖っていない方で刺激してみたり、指の先端でぎゅーっとツボ押ししても効果的です。

 

当院の治療コースでは一番細い鍼で刺激します。また、お顔の鍼が怖い方や、効果を持続させたい方や、お子様(キッズコース)は、痛くないシールの鍼で刺激して変化をみます。

一日中マスクが手放せなくても、せっかくなので、そのマスクの下にシール鍼を貼ってみるのもいいですね。