足のむくみ(ご高齢のご婦人)

当院は往診も承っております。
先日、ご高齢のご婦人(90代)宅へと往診で伺いました。

2月に入って寒さが厳しくなり、足のむくみが悪化したとご連絡がありました。
往診では、お客様の症状に合わせて出来ることを一生懸命考えて治療させていただきます。

自宅のトイレの往復で体力が消耗してしまうくらいご高齢なので、鍼治療そのものも体力を消耗してしまいます。
ご婦人のようなご高齢の方はどうしても全身に血液を送るポンプ機能が、年齢により低下してしまいます。
そのため、足のむくみが出現して、フローリングを歩行していても『自分の足じゃないみたい・・・』と感じてしまいます。

冷えてくるとより一層むくみは増悪してしまいます。

今回は、薬草入りの足湯でふくらはぎまで丁寧に温めた後、経絡の流れに沿ってツボ押しを行いました。
そして、やけどをしない電気のお灸で「むくみ」や「冷え」に対して刺激をしました。

翌日に具合をうかがってみると、日中のお小水の回数が増えて、むくみによる痛みも軽減したようで明るい声を聴くことが出来ました。(よかった(*^^*))

まだまだこれからも寒さは続きます。
体を冷やさない事で軽減できる症状が沢山あります。

当院は「せんねんきゅう」のセルフケアサポーターです。お灸教室も時々開催しています。
ご興味のある方は、ご連絡ください☆


(↑お客様の了承を得て掲載しました。)
画像の上がツボ押し前の左足。画像の下がツボ押し後の右足。