Let’s ちびっこ ツボtime!

こんにちは。院長の萩森です。

今日は、東京で「木枯し1号」のニュースがありました。

大阪でも昨夜は、ガタガタと風が窓をたたく音がして、なかなか寝付けなかった方も多かったのではないでしょうか。

今日はこんな季節にもってこいのツボtimeのお話をさせていただこうと思っています。

題名通り、「ちびっこ ツボtime」といたしまして、
ちびっこにぜひ使って欲しいツボを紹介いたします。

いつものツボtimeは、大人の方が自らの体を触って、感じて、効かせてもらう事を
目的にしていますので、ご自身がセルフケアで使いやすい場所のツボを紹介しています。
つまり場所が足先であったり、頭顔面部、手先となります。

今回はお母様がお子様の体を触って、感じて、効かせてもらうため、体幹のツボも含まれます。

お母様がお子様に触れるという行為が双方に良い影響があると
以前紹介したブログの「~スキンシップ!スキンタッチ!~」も一緒にご覧ください。
こちら

ご紹介のツボは「身柱:しんちゅう」です。
身柱:しんちゅうは、お子様にとって万病に効くと昔からいわれています。
別名「散り気:ちりげ」のツボといって、様々な病気や症状の原因を散らして体を丈夫にするといわれています。
虚弱体質、かんむし、夜尿、などにも使われます。

身柱:しんちゅうの場所は、背中の真ん中の背骨にあります。

①首の後ろの付け根を手で触りながら、顎を引いて下を向きます。
②大きく飛び出る骨を触ります。
③そこから更に背骨を三個下がった真下のくぼみです。

やさしく指圧してもいいですし、なにより温めてあげることがおススメです。
色々市販されている体を温める道具もOKですし、ドライヤーも◎。

お母さんに触れられて、温めてもらって、
どんなお子様も喜んでもらえるはずです。(よっぽどな反抗期のお子様はじっくり時間をかけましょう!)
お風呂上がりのドライヤーをそのまま使ったり、寝かしつけのお布団の上でも。

母子間で恒例のスキンタッチの時間になれば、うれしいです。

究極、場所がわからないときは、背中をさすってあげましょう。

ツボtimeは直接肌に触れるので、
これからの寒い季節はお子様の為にも、出来るだけお母様の手は温かい手で触れてあげましょう。
冷たい手でヒヤっとすることのないように、先にお母様の手を温めて下さいね。

風邪の引きにくい、ごはんモリモリのからだ作りのために。

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81imgp1013

cocomoa鍼灸松が丘院では、お子様に
刺さない痛くない小児はりのメニューもご用意しております。
お母様に抱っこされながらでも、キッズルームで遊びながらでも施術は行えます。
楽しい時間で笑顔で帰っていただけるよう心がけています。

子供のための健やか小児はり→10分~15分 500円(初回1500円)