~スキンシップ!スキンタッチ!~

cocomoa通信 ~スキンシップ!スキンタッチ!~

こんにちは。院長の萩森です。

今日はタイトル通り「スキンシップ!スキンタッチ!」についてお話します!

「モーニング鍼灸!」の際に、セロトニンのホルモンについてご紹介いたしました。
セロトニンは『幸せホルモン』の一つと言われています。詳しくは神経伝達物質の一つで、生命にとってかけがえのないものです。セロトニンは自律神経である交感神経と副交感神経を適度に保ってくれる役割をしているといわれています。
睡眠中優位であった副交感神経から、朝の起床によって交感神経への切り替えを上手にしてくれるのもセロトニンです。
日光を浴びたり適度な運動をすることで分泌が増え、夜の眠りの深さであったり、落ち込んだ気持ちを減らしてくれます。
cocomoa鍼灸松が丘院の朝の鍼灸治療は、自律神経に働きかけてくれる鍼と、日の光の相乗効果で疲れた身体をリセットしていただけます!

さて本題の「スキンシップ!スキンタッチ!」ですが、
もう一つの『幸せホルモン』である「オキシトシン」が深く関わってきます。
オキシトシンはスキンシップにより多く分泌されるといわれています。
動物達のグルーミングや母子間のスキンシップにより、双方の幸せホルモンの分泌量が増加しま
す。もちろん鍼灸治療での心地よい刺激も分泌量を増加することができます。
オキシトシンによってより幸せな気分になれたり、ストレスを軽減して元気に過ごせたら素晴らしいですね。

また、オキシトシンはセロトニンの分泌を増加させるといわれており、いいことがたくさん詰まったこれらのホルモンに目が離せませんね!

cocomoa鍼灸松が丘院では、お母さんと子どものための「親子スキンタッチ教室」も開催しております。東洋医学や小児はりをもとにした「家族でおこなう子供のためのツボ健康法」です。
ご希望の方は、cocomoa鍼灸松が丘院までご連絡ください。

p15